スクールライフ
  • 年間行事
  • 部活動
部活動
陸上競技部
顧問:緒方俊・佐々木各先生
陸上部
卒業記念にいただいた旗をバックに

陸上部

陸上競技部について紹介します。
実績は、県新記録・四国大会優勝大会新記録・全日中個人リレー・インターハイ・国体・ ジュニアオリンピックに参加し入賞することが出来ました。
また、活躍した生徒は学業もおろそかにせず進学することが出来ました。

このことは、個人の記録アップがチームの記録アップにつながるメカニズムがあるようです。
結論的には上級生のレベルが高く、人間的な資質が高いことが次々と年輪を築き下級生に自然と還元され新たなる記録を生み出し年輪が築かれていく。
この現象を組織又はチームプレーと表現すると、この現象はあくまで個人が自己記録を高め前進する中で自然と生まれる切磋琢磨の現象でしかない。要するに、 楽しく遊べる集団が陸上競技部です。新入部員になりたい人はこの年輪の力で自己新記録間違いなし。


陸上部
陸上部
競技紹介
砲丸投げ 中学男子は4kg、高校男子は5.443sの鉄球を使用。
やり投げ 高校男子は800gの槍を使用。
高校男子砲丸 尾杉友浩君16m29
一般男子砲丸 尾杉君14m81
中学2年ジャベリック 笹聡一郎君61m
高校男子槍投げ 笹君53m
ジャベリック(ジュニアオリンピック3位 笹君)
走幅跳び 高校男子7m43 竹内昌男君(県優勝・四国優勝・全国12位、9位)
三種競技B 中学男子3214点 原田智雄君 (四国中学大会新、県新記録)
短距離 100m:12秒48、200m:25秒64、400m:58秒78
中学女子400mR県選抜ジュニアオリンピック3位 井形悠子さん
800m 高校女子2分18秒16 伊勢奈津美さん(四国中学女子800m優勝)
400mR 中学女子 県2位、県3位
800mR 中学男子 県1位、県2位
400m 中学男子51秒04 片山意大
400mR 中学男子県選抜ジュニアオリンピック400mR3位
100m(11秒00)・200m(22秒53) 厚見佳彦君

以上のように陸上競技の基本的な目標(より速く・より高く・より遠く)を挑戦し成し得た結果です。


平成24年度の記録

平成24年10月24日 第31回徳島市中学校駅伝競技大会 第6区において、松本佑くんが第2位に入賞。

平成24年10月21日 第18回徳島市陸上競技選手権大会 中学男子100mにおいて田中達貴くんが第2位に入賞。
中学男子砲丸投げでは、山路涼介くんが第3位に入賞。円盤投げでも第2位に入賞いたしました。

平成24年10月7日 徳島県中学校新人陸上大会 中学男子2年1500mにおいて松本佑くんが第3位に入賞。
中学男子800mでも第3位に入賞いたしました。

平成24年9月29日 第66回徳島県中学校郡市対抗陸上競技大会、男子100mにおいて田中達貴くんが第3位に入賞。 

平成24年6月17日 第65回四国高校総体陸上女子走り高跳びにおいて、川真田紗也さんが8位入賞いたしました。

平成23年度の記録

平成24年3月4日 徳島市中学校新人陸上大会において
1年男子100m 第5位 中川直也、 第7位 大西正真、1年400m 第1位 大西正真 58"66、第2位 松本 佑
1年男子1500m 第4位 松本 佑、 1年男子 砲丸投げ 第4位 山路涼介
2年男子100m 第1位 田中達貴 11"66
4×100mリレー 第1位 中川・大西・松本・田中

平成22年度の記録

通信陸上大会 1年男子 100m 1位 田中達貴 11”82(全国順位 6位)
          3年男子 100m 3位 田中悠佑 11”42
             男子200m 3位 田中悠佑  

高校総体 女子走高跳 5位 山川真季 1m45 7位 川真田紗也 1m45
       男子200m 8位 松内幸四郎 23”19

県中学新人大会 男子1年 100m 1位 田中達貴  5位 清水貴虎
           男子400m 5位 斎藤真一郎   8位 中谷有佑
           男子1年砲丸投げ 4位 山路涼介
           男子400mリレー 8位(土屋朋禎・増野雄大・福見優輝・清水貴虎)

第64回県郡市対抗陸上大会 男子200m 1位 田中悠佑

県高校新人陸上大会 男子100m 5位 松内幸四郎
              女子走高跳 4位 川真田紗也

四国高校新人大会 女子走高跳 8位 川真田紗也 1m45              

平成16年度〜平成21年度の活動

平成16年度
中学男子の活躍・・・100m 大川直紀君11”43・・・四国大会3位
             400mリレー3位45”88通信陸上(2位45”85)
             残念です2位までが四国大会。四国大会に連れて行きたかった。
平成17年度
走幅跳で活躍・・・大坂阿玖里5m42 全日中 岐阜県長良川大会出場。
           3本ファールでした。残念ですがこの年徳島市選手権大会でも3本ファールでした。
           飛躍の前の沈み込みかな?
           大坂瑠輝4m65ジュニアオリンピック1年幅跳に出場。落選
平成18年度
高校男子の活躍・・・三段跳 佐藤克紀13m71 5位 大坂インターハイ出場
            予選で見事な逆転自己新記録で出場権を取り感動しました。
平成19年度
高校女子の活躍・・・走幅跳 大坂阿玖里5m57 3位 佐賀インターハイ出場
            三段跳 大坂阿玖里11m96 9位 92回国体宮城
            三段跳で自己の持つ県高校記録を更新しました。
平成20年度
中学男子の活躍・・・400mリレー通信大会1位 全日中出場 新潟大会
            メンバー(1走富永竜行・2走松内幸四郎・3走緒方秀伎・4走吉岡薫人)
       足跡・・・4月カーニバル大会1位46”54,通信総体1位45”08
            四国総体2位45”48、郡市対抗1位45”40
            徳島県代表1チームが全国大会に出場する権利があり
            800mリレーの時に広島大会に出場してから2回目の代表です。
高校女子の活躍・・・走幅跳 大坂阿玖里5m81県高校新記録 25年ぶりに誕生。
             三段跳 大坂阿玖里12m44県記録更新

            第24回日本ジュニア選手権大会 3位初の全国入賞
      足跡・・・大坂は小学校5年から指導した選手ですが、怪我もなく長期的な計画で育てた選手です。
           中学3年高校1年が精神と肉体が分離した難しい時期を家族の支えによりまして乗り越えら
            れました。感謝とお疲れ様です。8年間かかりました。
平成21年度
大学生の活躍・・・筑波大学生の大坂さんが、関東インカレ三段跳優勝。日本選手権7位入賞。
           愛媛大学生1年の佐藤君が14m08の自己新記録
高校生の活躍・・・四国総体出場 走高跳 山川真季1m35
           新人四国大会3000msc 8位 上原孝太 10’08”
中学生の活躍・・・四国総体 2年100m 6位 田中悠佑
           共通200m 7位 松内幸四郎
           通信大会400mリレー6位(本田、田中、藤原、松内)
           新人大会2年100m 3位 田中悠佑 11”95
平成21年度の追加分
高校生の活躍・・・高校総体 女子 走高跳 第6位 山川真季1m40
中学生の活躍・・・通信陸上大会 2年男子100m 3位 田中悠佑 12”10
           3年男子100m4位 松内幸四郎 11”56
           200m男子 5位 松内幸四郎 23”31