スクールライフ
部活動
剣道部
顧問:玉田・大石各先生

徳島文理中学・高校剣道部の創部は、中学が昭和55年、高校が平成2年である。

「文武不岐」を部訓とし、勉強と剣道の両立を第一の目標に掲げ、剣道を通じて、 強い心と体を鍛え、礼儀正しく思いやりのある心豊かな人間になることを目的としている。

短時間の練習ではあるが、充実した指導陣と環境(試合場四面)・部員の集中力によって効果を上げている。 なかでも、中学部は、「全国中学剣道大会」において、平成15年度:第3位、平成18年度:準優勝を果たしている。

高校部も平成18年「四国高校総体」で初優勝を達成し、インターハイ・全国高校 選抜大会でも活躍している。
平成21年度は、2年ぶり3回目のインターハイ出場で、予選リーグを突破し、全国ベスト16入りを果たした。

また、中学女子が、平成21年度より公式戦に参加。
平成22年度は、県中学総体を制し、初の全国大会出場を果たした。

○練習日 月曜〜木曜…16:00〜18:00
金曜…17:00〜18:20
土曜…14:00〜16:00
○指導者 中山繁輝(剣道教士7段) 玉田晋作(剣道教士7段)
○部員数 高校 男子9名  女子6名
中学 男子13名  女子6名
主な戦歴

[高校部] (平成15年〜21年度)
・インターハイ   男子団体出場3回 男子個人出場6名
・全国選抜大会 男子団体出場2回
・四国高校総体 男子団体…優勝1回 3位2回
・四国高校新人 男子団体…準優勝2回

剣道部

[中学部] (平成12年〜21年度)
・全国中学校剣道大会 男子団体出場5回 男子個人出場12名
・平成15年度 第33回全国中学校剣道大会 男子団体第3位
・平成18年度 第36回全国中学校剣道大会 男子団体準優勝
・四国中学総体 男子団体…優勝2回 準優勝5回 第3位1回 男子個人…優勝1名・準優勝2名

剣道部